散策からランニングによるシェイプアップへ

ムーブメント片手落ちがたたり体のあちこちが痛み生み出し、整体やら整骨やら整形外科やらにかかる折があり、流石にこんな事ではいけないというようになりました。下半身の具合が緩和されるようにといった、ストレッチングやシェイプアップと並行して、体に負担がかからない平均に散歩を開始しました。最初は、3移動ほどを1時かけてゆっくりと歩きました。膝や腰、股関節に負担がかからないようにゆっくりとした散歩だ。歩き方がよくないと坐骨神経痛を悪化させるので、ツボの振り方や、腰の伸ばし方なども気をつけて散歩をします。何㎞の散歩をすると、どのくらいのカロリー支出が行われているのかを、WEBウェブで確認しました。おにぎり沢山分のムーブメントができたかを確認できるウェブで、あるく競い合いも出てきたので、散歩の距離も伸びました。駄目断ち切るが旗標でしたが、今日はおにぎり仲間取り分歩いたとか思うと、ついつい道程も度合いものぼり、9移動ほどを2時程で歩けるようになっていました。散歩を続けていたら、だんだんとウェイトが減ってきて、シェイプアップのインパクトが少しずつ実感できるようになりました。駆け回りながらの腹式呼吸躾でおなか四方もすっきり、腰の痛苦はわずかに居残るものの膝や股関節の痛苦は感じなくなっていました。散歩をする日々を送っていましたが、よりムーブメント強弱をあげても問題なさそうだと確認したため、ランニングをするようになりました。身辺の中で走り回ることは概してなくなっていましたが、散歩で体をならしていたことが功を奏したのか、ランニングを通じてもコンディションを崩すことはありませんでした。間隔アップしてランニングをしていると、シェイプアップに効果があるということよりも、振りを切って走る地点の気持ちよさを感じるようになります。