ダイエット目的で行う運動

ダイエット目的で行う運動には様々なものがありますが、その中の一つに、縄跳び運動があります。実際、縄跳びダイエットとは、どういったことをするのでしょう。縄跳びダイエットのやり方は簡単で、縄跳びをして脂肪を燃やすというものです。縄跳びでダイエットの効果を得るには、1分60回を目安に、短くても20分は縄跳びを跳び続けなければいけませんので、なかなか厳しいでしょう。体がついていかない人は、3分の縄跳びと、5分の休憩を交互に行うようにします。3分の縄跳び運動が物足りないと感じるようになったら、少しずつ飛ぶ時間を長く設けまする。ふくらはぎや、太ももの筋肉をよく使いますので、必要であればウォーミングアップの体操をしておきましょう。縄跳び前に軽く体をほぐして、温める事で筋肉の代謝を活性化させて、脂肪の燃焼効果がアップします。運動をしながら、呼吸もきちんとできるようになっておけば、縄跳びをしている時にかかる身体的な負担が軽減できるでしょう。体の中に蓄積されている脂肪を燃やすには、できるだけ休みを入れずに続けて運動をすることが大事です。縄跳びダイエットをし終わったら、マッサージやストレッチで、足の状態を整えるといいでしょう。重量のある縄跳びを使ったほうが、軽い縄跳びで飛ぶという時よりも、多くのエネルギーを使うと言われています。縄跳びのしすぎは、膝や足首を痛めてしまうことがあります。膝や腰にかかる衝撃を緩和するために、衝撃を吸収する靴や、土や芝生のグラウンドで、縄跳び運動をすることがおすすめです。女性の場合は、バストラインが崩れることのないように、バストを固定するスポーツブラなどをつけて縄跳びダイエットを行いましょう。